So-net無料ブログ作成
検索選択

トルコリラ円相場 [FX取引]

天井はヨーロッパタイムで一時148.87円まで急騰しましたが、引けにかけて天井の重い状況が続きました。ラインは一目釣り合い表の一転線が底値として底堅く遷移していますが、高値は1月14日以降、切り上げています。昨日は一転線や前日の始値を上抜ける場合、底値を試す状況が予測されます。

昨日に引き続き、今日も1円近く下げるようなことがあるといよいよこの口座にも黄色信号が…と思っていましたが、今日は少し落ち着いています。このまま週末を迎え、来週は70円に向かってチャ幅してほしいものです。


2万円ゲット [FX取引]

2万円ゲット!です。更に、59.00でナンピンしていた1万通貨は現在59.50で利食い確定BIDを出しています。

ドル円マーケットは日本時間の午後から売りがアクティブとなりニューヨークタイムに入るとその勢いは止まらず、結局前日の急騰の往って来いとなり、一時148.12円まで低上しました。これにより、テクニカル分析は上落継続となり、新値足が陰一転したことで低上リスクが再び高まってきました。目先は一目釣り合い表のベース線が支持線として注意されますが、釣り合い表の先行スパン雲抜けに失敗したマーケットだけに目先は上落波を形成する可能性が高そうです。


どうなる?!ドル円相場 [FX取引]

ドル円は方針感の乏しい状況が続きました。テクニカル分析は中段保ち合い圏上値から再び低上となり、新値足は陰転し3手目を継続。

ドル円マーケットは日本時間で147.64円まで低下したものの、その後、14時過ぎからドル買いがアクティブとなり、ニューヨークタイムで151円台半ばまで急抵抗しました。これにより、ラインは一目釣り合い表の一転線や先行スパン雲下値を下抜けました。


毎日注意深くチェック中 [FX取引]

ドル円は商い閑散の中、一目釣り合い表の先行スパン雲がレジスタンスとなり天井の重い状況が続きました。テクニカル分析は買われ過ぎ圏から低下トレンドに変化し、新値足が陰一転したことで低下リスクが高まっています。昨日は重要イベント休暇となるため、引き続き動意に乏しい状況が予測されます。。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。